メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギョーザの無人配送車、病室に薬届けるロボット…中国、新型コロナ予防でハイテク普及 「非接触」「無人化」の需要高まる

北京市内のビジネス街を走行する「小恒水餃」の無人配送車=同市内で2020年3月20日午後、赤間清広撮影

 中国でロボットや自動配送車などハイテク機器の市場投入が加速している。新型コロナウイルスの問題を受けて、感染を防止するための「非接触」「無人化」の需要が急速に高まったためだ。感染拡大が中長期的に市民のライフスタイルの変化を後押しする可能性もある。

 北京を代表するビジネス街・国貿地区。高層ビルの間を縫うように小型の車がゆっくりと移動していた。中国国内に200店舗以上を展開するギョーザのチェーン店「小恒水餃」が2月24日に導入した無人配送車だ。

 国貿地区は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一時、街を歩く人がほとんどいないゴーストタウンと化した。2月中旬以降、徐々にビジネスマンが戻り始めたものの、出勤者の多くは感染を恐れて飲食店には寄りつかず、出前需要が急増している。

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです