特集

公文書・加計学園問題

毎日新聞デジタルの「公文書・加計学園問題」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

加戸守行・愛媛前知事死去 「加計」獣医学部誘致に深く関与

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
加計学園の獣医学部新設問題をめぐり、参院文教科学、内閣両委員会の連合審査会で答弁する前愛媛県知事の加戸守行氏=国会内で2017年7月10日、川田雅浩撮影
加計学園の獣医学部新設問題をめぐり、参院文教科学、内閣両委員会の連合審査会で答弁する前愛媛県知事の加戸守行氏=国会内で2017年7月10日、川田雅浩撮影

 1999年から3期約12年にわたって県知事を務めた加戸守行氏(85)が21日、骨髄異形成症候群で死去し、関係者から業績や人柄をしのぶ声があがった。加戸氏の強い意向で通夜・葬儀は親族のみで執り行われたという。中村時広知事は24日の記者会見で、お別れの会などについて「ご遺族の意向を尊重して対応したい」とした。

 加戸氏は、中国・大連で生まれ、八幡浜市で育った。東京大を卒業し、1957年旧文部省に入省。文化庁次長、体育局長などを務めた。官房長在任中の89年に起きたリクルート事件では同省の前事務次官逮捕を受け、「文部省の信頼を取り戻すけじめ」として辞職した。

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1168文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集