メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東洋大、2学部の移転を正式決定 事実上の「撤退」に地元不安 群馬・板倉

東洋大学のホームページ

 東洋大学(本部・東京都文京区)は24日、群馬県板倉町泉野の「板倉キャンパス」にある生命科学部と食環境科学部の2学部を2024年4月から、埼玉県朝霞市と東京都北区のキャンパスに移転すると正式発表した。少子化による大学間競争が激化する中、都心から距離のある板倉キャンパスでは志願者が集まりにくかったことなどが背景にある。事実上の「撤退」で、地元では地域経済などへの打撃を心配する声が上がっている。【鈴木敦子】

 板倉キャンパスは1997年、県企業局開発の「板倉ニュータウン(NT)」(218万平方メートル)に開設。広さ33万平方メートル。「大学を核としたまちづくり」の事業構想の下、県などが誘致し、県と町が各10億円、県企業局が計23億円を大学側に支援した経緯がある。東武鉄道はキャンパス開設に合わせて97年3月に「板倉東洋大前駅」を開業した。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. ヤフー、最大39万件のID誤登録 氏名、住所、電話番号など別の利用者に

  3. 新型コロナ 新たに65人が感染 所沢の病院で4人死亡 /埼玉

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです