議場騒然 IR推進費に4億円 20年度予算成立 横浜市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
傍聴席から発言が相次いで騒然とし、議事が中断した横浜市議会。議長席周辺に各会派の市議が集まり、対応を協議した=横浜市中区の同市議会で2020年3月24日、樋口淳也撮影
傍聴席から発言が相次いで騒然とし、議事が中断した横浜市議会。議長席周辺に各会派の市議が集まり、対応を協議した=横浜市中区の同市議会で2020年3月24日、樋口淳也撮影

 横浜市が誘致するカジノを含む統合型リゾート(IR)推進費用を盛り込んだ市の2020年度一般会計当初予算は、24日の市議会本会議で自民党・無所属の会と公明党などの賛成多数で可決、成立した。総額1兆7400億1600万円のうち、IR推進費として4億円を計上した。【樋口淳也】

 本会議の起立採決で、自民、公明が賛成。第2会派の立憲・国民フォーラムは、19年9月の同年度補正予算に続き反対したが、一部議員が賛成に回った。共産党と無所属会派は反対した。

 本会議では、各会派の代表者が賛成、反対の立場から討論に立った。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文563文字)

あわせて読みたい

注目の特集