メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスク・消毒液の備蓄マニュアル機能せず 兵庫・姫路市が15年策定

マスク=ゲッティ

 2009年の新型インフルエンザ流行を受け、兵庫県姫路市が15年に策定した対応マニュアルで、「マスクや消毒液の備蓄について検討を進める」と規定したにもかかわらず、これまで必要量や調達方法を検討していなかったことが、市への取材で分かった。市は「必要量を把握し、備蓄を含め、調達方法を検討しておくべきだった。マニュアルや備蓄のあり方を見直したい」としている。

 国の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき市は14年3月、新型インフルエンザ等対策行動計画を策定。翌年には、各部署の担当業務を定めた対応マニュアルを作った。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 大阪で新たに326人感染 死者は12人で1日当たり過去最多 新型コロナ

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 大阪市北区、中央区で時短要請 対象2万5000店 15日間応じた店に協力金

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです