メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台縦横ときどきナナメ

新型コロナが呼び覚ます「リーマン」の記憶 源流からたどる一族の壮大な叙事詩

ナショナル・シアター・ライブ版の舞台「リーマン・トリロジー」 photo by (c) Mark Douet

 新型コロナウイルスの影響による経済へのダメージを評して、「リーマン・ショック超え」の声も上がる。2008年9月15日、米大手投資銀行リーマン・ブラザーズの経営破綻が引き金となって世界同時株安が起こった。いわゆるリーマン・ショックだ。約6000億ドル(約64兆円、当時)という米国史上最大規模の倒産だった。

 その「リーマン・ブラザーズ」の創業家一族の興亡の歴史を164年間、3代にわたる壮大な叙事詩として描く舞台作品が話題を呼んでいる。イタリアの劇作家ステファノ・マッシーニ原作の「リーマン・トリロジー(The Lehman Trilogy)」だ。2018年、英ナショナル・シアターで、ベン・パワー翻案による英語版がサム・メンデス演出で初演された。翌年の英ピカデリー劇場での上演版が、ナショナル・シアター・ライブとして日本のスクリーンで上映されている。

 トリロジー、すなわち3部作は、3人の俳優が女性や赤ん坊を含め、あらゆる役を演じている。上映時間は2回の休憩をはさんで221分という長尺だが、これが時間を忘れてしまうほど抜群に面白い。舞台作品としての完成度の高さは言うまでもなく、リーマン一家の波乱のドラマを通して浮かび上がる米国の社会経済史も興味深い。

 1844年9月、ユダヤ人の牛商人の息子ヘンリー・リーマン(サイモン・ラッセル・ビール)が、新しい生活を求め、ドイツ・バイエルン地方からニューヨ…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1353文字)

濱田元子

1989年10月入社。大阪本社学芸部などを経て、2010年から東京本社学芸部。18年から論説委員兼務。担当分野は現代演劇と演芸。年間350本以上の舞台を鑑賞。毎日新聞東京本社夕刊で毎月第4木曜にコラム「日々是・感劇」を連載中。共著に「春風亭一之輔 落語のたくり帖」(自由国民社)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです