特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

福岡空港の国際線便、6~7割減 新型コロナの影響で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
すべての中国便と韓国便が欠航し、人影もまばらな福岡空港国際線出発ロビー=福岡市博多区で2020年3月9日、森園道子撮影
すべての中国便と韓国便が欠航し、人影もまばらな福岡空港国際線出発ロビー=福岡市博多区で2020年3月9日、森園道子撮影

 福岡空港を運営する福岡国際空港(福岡市)の永竿哲哉社長は毎日新聞の取材に対し、4月の国際線の便数が前年同月比6、7割減となる見通しを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で、航空各社の運休・減便が相次ぐため。世界各国における感染の勢いを踏まえ、少なくとも半年間は影響が残るとの認識を示した。

 中国、韓国と結ぶ路線が大半を占める福岡空港は、感染拡大に伴う入国制限の影響が大きい。2019年の夏ダイヤ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集