メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洗濯50回に耐えます 「高島ちぢみ」でマスク開発  滋賀

「高島ちぢみ」で作られたマスク=滋賀県高島市で、塚原和俊撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、滋賀県高島市に伝わる綿織物「高島ちぢみ」を素材にした洗えるマスクを、東京の服飾会社が開発した。

 高島ちぢみは肌に密着しにくい特徴があり、主に男性用肌着などに使われてきたが、近年はTシャツ用の生地も開発されている。マスクはこの生地を使用し、肌触りも優しくおしゃれに仕上がった。

 青い生地を2枚重ね、「洗濯50回に耐える」という抗菌処理も施した。関係者は「感染が一日でも早く『ちぢみ』ますよう、役立ててもらえれば」。1枚で税込み2200円。【塚原和俊】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. こんな時どうするQ&A 消毒用エタノールがない 塩素系漂白剤で代用 手には使えず

  3. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  4. こんな時どうするQ&A 不織布マスク 洗って再利用 破れたら絶対使わない

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです