メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「見た記憶がない」…実は原案に事細かに指示 原子力規制委・更田委員長の音声記録

原子力規制委員会の事前会議で配布された関西電力への命令文の原案=東京都千代田区で2020年3月23日、吉田航太撮影

 原子力規制委員会による非公開の事前会議で、毎日新聞が入手した音声記録には更田(ふけた)豊志委員長が「見た記憶がない」と説明してきた関西電力への命令文の原案に事細かに指示する様子が収められていた。

 事前会議では、市民団体などから運転停止を求める声が出る恐れがある文書指導案を退けた後、「打合せ後廃棄」と印字された関電への命令文の原案を基に議論が続いた。

 原子力規制庁の安井正也長官(当時)は「1個だけとても大事なことがあって」と切り出し、「岩根さん(岩根茂樹関電社長=当時)への紙さ。(降灰分布状況について)我々と関電の間に理解の差はないの?」と事務方に尋ねた。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです