メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外務省、「不要不急」の海外渡航の自粛要請 全世界対象 新型コロナ拡大で

外務省=米田堅持撮影

 外務省は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本人旅行者が海外渡航して感染したり帰国できなくなったりする事例が相次いでいることから、全世界を対象に「不要不急の渡航自粛」を求める危険情報のレベル2を発出した。行き先の感染者数にかかわらず、全国民に旅行などの海外渡航の自粛を求める。危険情報で全世界を対象とするのは初めて。

 同省は18日に別の「感染症危険情報」で全世界にレベル1(渡航に十分注意)を出していた。国内の大手旅行会社は行き先の危険情報がレベル2以上で団体旅行を中止する場合が多く、旅行会社の自粛を求める方針だ。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです