メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性被害相談の2割が中学生以下「SNSに居場所求め被害に遭っている」 内閣府

内閣府と内閣官房=東京都千代田区で、野口武則撮影

 内閣府は25日、性犯罪・性暴力の被害者から医療や法律などの相談を受ける全国49カ所の「ワンストップ支援センター」について、面談した被害者の約2割が中学生以下だったとの調査結果を公表した。支援センターの全国調査は初めて。内閣府の担当者は「性虐待が家庭の中で行われているケースもある。子どもが被害に気づけるよう教育啓発の強化が必要だ」とした。

 昨年6~8月に全国の支援センターが対応した延べ9450件の相談状況を有識者による検討会議が分析した。電話相談から面談に至った被害者のうち、「12歳未満」が8・4%、「13歳以上中学生まで」が9・9%で、中学生以下は計18・3%だった。「中学卒業以上19歳まで」は22・3%、「20代」は31・3%だった。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  4. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

  5. 株価バブルは崩壊間近

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです