メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都で新たに41人感染 小池知事「重大局面」 28日の「K-1」は無観客に

 東京都は25日、新たに男女41人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。都の1日の感染確認数としては最多で、最も多かった17人(24日)を大きく上回った。小池百合子知事は25日夜、緊急の記者会見を開き、「今が重大局面」として、今週末は外出を自粛するよう都民に強く要請した。

 新規患者のうち11人は、院内感染の疑いがあるとして、24日から外来診療を休止している「永寿総合病院」(台東区)の患者や医療従事者で、都は医療法に基づき立ち入り検査した。同病院の感染者数は24日までに発表していた4人(うち1人は死亡)と合わせ、15人となった。都は「クラスター(感染者集団)の可能性がある」と説明した。

 都内の感染者数はこれで212人となった。特に25日までの3日間の累計は74人となり、感染拡大のペースが速まっている。41人のうち、5人に渡航歴があり、10人以上の感染経路がたどれていないという。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. ハナマウイ、痛い走塁ミス 初白星ならず 四国銀は13大会ぶり2勝目 都市対抗野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです