メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪延期 大会名なぜ「東京2020」のまま? 変えられない理由と#TOKYO2021

東武東上線朝霞駅南口の駅前広場に設置されたミライトワ(左)とソメイティ=2020年3月9日午後0時52分、橋本政明撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で1年程度の延期が決まった東京オリンピック。2021年の開催にもかかわらず、大会名は引き続き「東京2020」にするというのだ。SNS上では「#TOKYO2021」と、来年の西暦に直したハッシュタグ(#)の投稿も目立つ。実はこの「TOKYO2021」、東京五輪延期が決まる前から既に使われていた。しかも別の形で。どういうことなのか――。【倉沢仁志】

 24日夜に行われた安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長との電話協議。橋本聖子五輪担当相や東京都の小池百合子知事、大会組織委員会の森喜朗会長らも首相官邸で同席した。

この記事は有料記事です。

残り1575文字(全文1861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです