4月から「原則禁煙」 都内マージャン店に打撃 喫煙室補助金も対象外 都受動喫煙防止条例

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京・新橋駅前のビルにあるマージャン店の店内。食事などを置く小さなテーブルに埋め込み式の灰皿がセットされている=東京都港区で、内田幸一撮影
東京・新橋駅前のビルにあるマージャン店の店内。食事などを置く小さなテーブルに埋め込み式の灰皿がセットされている=東京都港区で、内田幸一撮影

 4月に全面施行される東京都受動喫煙防止条例が都内のマージャン店に打撃を与えている。愛煙家の客が多い中で「原則禁煙」の規制がかかる店が増える上に、都による喫煙専用室の設置費補助については、対象外となるからだ。都内のマージャン店は、レジャーの多様化などでピークの3分の1まで激減しており、業界団体は更なる逆風になるとして危機感を募らせる一方、禁煙化の流れを歓迎する店もある。【内田幸一】

 国や都は、東京オリンピック・パラリンピックに備え、たばこの煙から周囲の人を守る「受動喫煙防止」を進める法令整備を進めている。4月に改正健康増進法が全面施行されると、飲食店やホテル、事業所など多くの公共スペースで、原則、たばこが吸えなくなる。

この記事は有料記事です。

残り1496文字(全文1809文字)

あわせて読みたい

注目の特集