メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4月から「原則禁煙」 都内マージャン店に打撃 喫煙室補助金も対象外 都受動喫煙防止条例

東京・新橋駅前のビルにあるマージャン店の店内。食事などを置く小さなテーブルに埋め込み式の灰皿がセットされている=東京都港区で、内田幸一撮影

 4月に全面施行される東京都受動喫煙防止条例が都内のマージャン店に打撃を与えている。愛煙家の客が多い中で「原則禁煙」の規制がかかる店が増える上に、都による喫煙専用室の設置費補助については、対象外となるからだ。都内のマージャン店は、レジャーの多様化などでピークの3分の1まで激減しており、業界団体は更なる逆風になるとして危機感を募らせる一方、禁煙化の流れを歓迎する店もある。【内田幸一】

 国や都は、東京オリンピック・パラリンピックに備え、たばこの煙から周囲の人を守る「受動喫煙防止」を進める法令整備を進めている。4月に改正健康増進法が全面施行されると、飲食店やホテル、事業所など多くの公共スペースで、原則、たばこが吸えなくなる。

この記事は有料記事です。

残り1496文字(全文1809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです