国有林の民間開放にちらつく竹中平蔵氏の影 “名代”元補佐官が法改正議論に参加

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国有林法改正について議論した林野庁作成の内部文書=2020年3月25日
国有林法改正について議論した林野庁作成の内部文書=2020年3月25日

 国有林で最長50年間の伐採権を民間業者に与える改正国有林野管理経営法が、4月に施行される。安倍政権は林業の活性化を掲げるが、国有林の大規模開放による荒廃の懸念も消えていない。毎日新聞は、林野庁などが2018年末に法改正の詳細を検討した会合の記録文書を、情報公開請求で入手。辞任した元官房長官補佐官が議論に参加するなどの不可解な構図や、政権内の綱引きが浮かんだ。【杉本修作、寺田剛】

この記事は有料記事です。

残り2144文字(全文2335文字)

あわせて読みたい

注目の特集