メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京オリンピック延期「未体験の異次元ゾーン」「増える業務、ぞっと」戸惑う都職員

東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まり、五輪開幕までの日数を示したカウントダウンボードが撤去された東京都庁の関連展示スペース=2020年3月25日午前8時22分、滝川大貴撮影

 東京オリンピック・パラリンピックの延期に、東京都庁では職員から不安や戸惑いの声が上がる。競技施設の確保や追加費用の検討など、延期に伴って数え切れないほどの業務が待っているからだ。

 都は25日が春の幹部人事異動の発表日だが、今夏の五輪開催を前提に編成された人事だ。ある男性課長は「来月以降に『延期シフト』の人事が追加で発令されないかと、職場ではみんなソワソワしている。今から五輪担当部署に異動して延期の対応に当…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです