連載

蔵書拝見

人生の道しるべとなった一冊、読書を楽しむきっかけとなった一冊。過去に読んだ書籍の魅力や思い出を政治家に語ってもらいます。

連載一覧

蔵書拝見

茂木敏充氏/上 米留学で知った「勝ちすぎない」交渉の極意 GETTING TO YES

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
議員会館の自室の本棚の前に立つ茂木敏充外相=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2020年3月13日、大西岳彦撮影
議員会館の自室の本棚の前に立つ茂木敏充外相=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2020年3月13日、大西岳彦撮影

ロングバージョン

 「お互いが利益を得る代替案を作り出すことが交渉を成功させる秘訣(ひけつ)だ」「相互の情報量の差が交渉力の違いにつながる」

 1980年代にハーバード大学・ケネディスクールに留学していた時、ネゴシエーション(交渉)の授業で使われた副読本の一節だ。数年来、私が閣僚として担当した通商交渉を進める際に、こうした考え方が実際に役立ったと今、振り返っている。当時、ちらっと読み返してみたら、内容はだいたい忘れていなかった。

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2365文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集