メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

茂木敏充氏/上 米留学で知った「勝ちすぎない」交渉の極意 GETTING TO YES

議員会館の自室の本棚の前に立つ茂木敏充外相=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2020年3月13日、大西岳彦撮影

ロングバージョン

 「お互いが利益を得る代替案を作り出すことが交渉を成功させる秘訣(ひけつ)だ」「相互の情報量の差が交渉力の違いにつながる」

 1980年代にハーバード大学・ケネディスクールに留学していた時、ネゴシエーション(交渉)の授業で使われた副読本の一節だ。数年来、私が閣僚として担当した通商交渉を進める際に、こうした考え方が実際に役立ったと今、振り返っている。当時、ちらっと読み返してみたら、内容はだいたい忘れていなかった。

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです