メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

EU外相のテレビ会議が「大惨事」、技術的問題で中断も

新型コロナウイルスの感染拡大により、各国要人の会合もテレビ会議が主流となるなか、「大惨事」と形容されるほど意思決定に障害となるケースが発生している。 写真は10日の首脳会議で撮影されたプール写真。(2020年 ロイター)

[PR]

 [ブリュッセル 24日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大により、各国要人の会合もテレビ会議が主流となるなか、「大惨事」と形容されるほど意思決定に障害となるケースが発生している。

 23日に開催された欧州連合(EU)外相によるテレビ会議では、技術的な問題が発生したほか、発言者が相手に聞こえているか確信が持てなかったり、通訳がなかったりしたことで中断する場面があった。

 この会合に参加した外交官は「ビデオ会議はうまくいかない。技術面での問題や、『もしもし、聞こえてますか』の発言に邪魔をされたりといったことが起きる」とし、「参加者はもっぱら、準備してきたメモを読み上げるだけで、実際の交渉に及ぶ余裕はほとんどなかった」と明かした。

 アジアと欧州の外相らによるテレビ会議に参加したボレルEU外務・安全保障政策上級代表は20日、「ビデオ会議は大惨事だ。映像や音声が切れてしまう」と述べ、電話会議のほうが好ましい、とした。

 一方、ドイツのマース外相は、すぐに会談の準備が整うテレビ会議を支持。「(テレビ会議を通じて)もっと頻繁に会談する必要がある」と、テレビで記者団に話した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです