メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 週末の都への移動、埼玉自粛要請へ 千葉、神奈川も連携

 新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増していることを受けた都の外出自粛要請に関し、通勤・通学などで都外から流入する人も多いことから、東京都は、千葉、神奈川、埼玉といった近隣県との連携が不可欠として対応策の調整を始めた。埼玉県は26日にも県民に東京への今週末の外出自粛を呼び掛ける方針。

 都内の感染者は23日からの3日間で計74人と急増し、25日は1日だけで41人に上った。これを受け、小池百合子都知事は25日夜、「オーバーシュートの懸念がさらに高まっている。まさに重大な局面だ」として、都民に▽平日は自宅でできるだけ仕事▽今週末は不要不急の外出を避ける――などの協力を求めた。

 しかし、政治経済の中心である首都には都外からも多くの人が訪れる。都によると、2015年の国勢調査では千葉、埼玉、神奈川など関東6県から東京に通勤・通学する人は計約282万人。これに加え観光や出張などで東京を訪れる人もおり、都によると昨年7~9月の3カ月で都外から来た人は推計で6500万人に上る。

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです