メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

記憶の闇と光の彼方に=和合亮一(詩人)

私の恋人は老いている

彼がいたので、私は

旧い恋人を川に流した。

 学生たちの姿で混み合うはずの朝の列車。並ばずに座る。マスクをかけている人々と一緒にうつろな眼(め)をしながら車窓を眺める。三月の福島の空と野辺の風景。東日本大震災の歳月を思い起こしてしまう。放射能の影のようなものにおびえて過ごした日々を。前々から準備していたイベントや講演会など全て中止となった。自分ですらこのような虚脱感に襲われている。世の中の動きは日増しに不透明。世界中が脱力と不安に覆われている。

 マスクがずれたのでかけ直して、マーサ・ナカムラの最新詩集『雨をよぶ灯台』(思潮社)を開いてみる。「私の恋人は老いている//彼がいたので、私は/旧(ふる)い恋人を川に流した。」。何やらぼんやりとして顔半分を隠しているのに突然に匕首(あいくち)が突き付けられたように鋭いフレーズがやって来た。電車が揺れた。「トンネルに入ると、黒幕が垂れた。/しばし、車内は静寂……/(みんな、わたしの思い出が見たくてう…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです