メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日々是・感劇

かけがえのない時間

「きらめく星座」の松岡依都美(左)と久保酎吉=宮川舞子撮影

 新型コロナウイルスの影響は、現代演劇界にも暗い影を落としている。政府の大規模イベント自粛要請から丸1カ月。観客やキャスト、スタッフの安全が最優先なのは当然だ。中止・開催いずれにせよ苦渋の決断に胸が痛む。

 そんな中でも消毒や換気など細心の注意を払いながら公演を続けるところもある。劇場に行くと、当たり前だと思っていた時間が、改めてかけがえのないものなのだと気づかされる。

 KAKUTA presents Monkey Biz#1「往転」(2月20日~3月1日、東京・下北沢の本多劇場、桑原裕子作・演出)は自身による初の演出で再構築。物語は高速バスに乗り合わせた3組の男女と、運転手を巡る四つの物語が絡まり合い、時間を往還しながら進行する。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです