メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京オリンピック 2021年7月23日開幕に決定

シリーズ公演「能が語る人の運命・宿命」 4月から10回、大阪・大槻能楽堂

シテ方観世流の大槻文蔵=畑律江撮影

 客席などの改修を終え、今年初めにリニューアルオープンした大槻能楽堂(大阪市中央区)で、4月から、能の魅力を探るシリーズ公演「能が語る人の運命・宿命」がスタートする。

 一つのテーマのもとで、1年間、月1回の割合で開催されてきた自主公演能。来年度は夏に照明・音響などの第2期工事を行うため、7、8月を除く計10回で構成する。

 「能が語る人の運命・宿命」シリーズでは、能に登場するさまざまな人々の、運命や宿命とも見える生き方を見つめる。企画にあたったシテ方観世流の大槻文蔵(人間国宝)は「たとえば10月の『敷地物狂(しきじものぐるい)』は復曲能ですが、松若という少年が手紙を残して家を出、家族は離散してしまいます。少年の家出は遁世(とんせい)ではなく、学問を究めるためのものですが、それも中世の一つの生き方だったのだと思います…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです