メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧の大型ゲンゴロウ産卵 猪苗代の水族館 /福島

リュウキンカの茎内に産卵するオウサマゲンゴロウモドキ=福島県猪苗代町のアクアマリンいなわしろカワセミ水族館で(同水族館提供)

 猪苗代町のアクアマリンいなわしろカワセミ水族館は、世界最大種のゲンゴロウ「オウサマゲンゴロウモドキ」の産卵を確認したと発表した。国内では3例目。

 開館準備をしていた飼育員が21日、水槽内のリュウキンカという植物の茎の中に、雌のオウサマゲンゴロウモドキが卵を産み付けているのを見つけた。ふ化まで約1カ…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです