メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/297 オランウータン/89止 /東京

 現代の動物園には、環境教育や野生動物の保全活動の担い手育成の役割が期待される。しかし展示する動物は、動物福祉の基準の厳格化や感染症予防の検疫強化のため海外からの導入が難しい。

 2017年秋、日野市の多摩動物公園で飼育していた世界最高齢のオランウータンの雌「ジプシー」が推定年齢62歳で死んだ。翌年、都内の小学校教員、小俣三佳子さん(59)は仲間とマレーシア・サバ州(ボルネオ島)に野生生物保護区を確保する募金を始めた。今月3日…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. 持続化給付金委託団体は「全員非常勤」 「隠した」出向者の名 野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです