雨畑ダム土砂撤去で国・県 基本計画案に同意 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 早川町の雨畑ダムに土砂が堆積(たいせき)し上流の雨畑川の河床が上昇している問題で、ダムを所有する日本軽金属(東京)は25日、国や県などを交えた第4回雨畑地区土砂対策検討会を甲府市内で開いた。日軽金は2025年3月までに最大700万立方メートルの土砂を撤去する基本計画案を示し、国や県、早川町は同意した。

 計画案によると、日軽金は22年3月までに土砂300万立方メートルを、25年3月までにさらに300~400万立方メートルを撤去する。撤去した土砂は、土砂運搬用道路の造成やコンクリートなどの材料、造成用盛り土などに利用するという。

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文387文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集