メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立高再編の1次案 第2期 佐久、上伊那など4地域 /長野

 県教育委員会は24日、少子化に伴う県立高校の第2期再編計画の1次案をまとめた。今回は、県内12地域のうち岳北▽佐久▽上伊那▽南信州――の4地域についてまとめ、残り8地域の再編計画は来年3月に示す。

 県教委はこれまで、地域懇談会、産業界や大学関係者、中学生や保護者らとの意見交換やパブリックコメント(意見公募)などを実施。各地域の市町村やPTAの代表者らが参加する「協議会」から示された提案を踏まえて再編計画を作成した。具体的な校名を挙げるのは今回が初。

 再編計画によると、岳北地域の高校配置は当面の間現状維持とするが、将来的に生徒数が減少した場合は、下高井農林(木島平村)を飯山(飯山市)の地域キャンパス(分校)にするとしている。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. 新型コロナ「感染しやすさ、子どもも大人と同じ」米中チーム

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです