メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 離職者など対象、臨時職員採用へ 豊中市 /大阪

[PR]

 豊中市は24日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で内定を取り消された学生や、離職した社会人らを期限付きの臨時職員として17人程度採用すると発表した。

 募集するのは事務職員、保健師、社会福祉職で、4月3日まで受け付ける。任期は5月から来年の3月末まで。保健師と社会福祉職は資格が必要だが、経験や年齢は問わない。任期終了後の民間企業への就労支援も実施する。

 申込書は市の人事課で配布するほか、ホームページからもダウンロードできる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  4. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  5. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです