メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県教委 本校分校連携を推進 教職員3282人が異動 /愛媛

 県教委は25日、4月1日付の教職員異動を発表した。全体の規模は3282人(前年度比30人減)で、異動率は28・4%。内訳は、小学校長158人▽同教頭148人▽中学校長99人▽同教頭62人▽高校、特別支援学校など県立学校長27人▽同教頭70人――など。採用は460人で、小学校220人▽中学校128人▽県立学校112人。

 児童生徒の英語力向上を図り、小学校では外国語活動や英語の専科指導教員を増員し24校に置く。高校では「えひめ英語力向上特別対策事業」の英語教育推進校3校にタブレット端末を配備。実用英検1級やTOEIC860点以上の取得者を配置する。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです