メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

からつ児童生徒俳句・川柳大会 入賞作品決まる 特選句、市役所ロビーに展示 /佐賀

 唐津キャッスルライオンズクラブ(小林一幸会長)主催の「第13回からつ児童生徒俳句・川柳大会」の入賞作品が決まった。唐津市と玄海町の小中学生に募集したもので、優秀作品集も製作した。

 今回は小学32校4464人、中学18校2456人から計1万1405句の応募があり、俳句を日本伝統俳句協会評議員の田邊虹志さん、川柳を番傘川柳本社同人の小松多聞さんが選句した。

 俳句は〓木小6年の浅山琥珀さんが詠んだ「こいのぼり風のリズムでおどってる」など特選9句、入選18句、佳作27句。川柳は玉島小6年の橋本真麻さんが詠んだ「卒業だ最後の日までワンチーム」など特選9句、入選18句、佳作27句を選び作品集に掲載した。学校賞は佐志小、切木小、唐津東中を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです