メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

アジア系差別の記憶=坂東賢治

坂東賢治専門編集委員

 <moku-go>

 米西海岸サンフランシスコは中国語で「旧金山」と呼ばれる。19世紀半ばのゴールドラッシュで中国からも多くの移民が押し寄せた名残だ。1860年代の大陸横断鉄道の建設では2万人近くの中国人労働者が働き、低賃金でトンネルなど難所の工事を完成させた。

 ジャッキー・チェンさんが紫禁城からさらわれた王女を捜す近衛兵役を演じた米映画「シャンハイ・ヌーン」(2000年)は1880年代の西部ネバダ州が舞台だった。劇中、過酷な条件下で働く中国人労働者が登場し、中国人への偏見も描かれる。

 実際に1870年代以降、米国では中国人労働者への差別が強まった。1871年にはロサンゼルスのチャイナタウンが襲われて多数の中国人が殺害され、1882年には移民を制限する「中国人排斥法」が制定された。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  5. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです