メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

改めて考えるボランティア 支援者を支える仕組みを=高尾具成(大阪編集局)

西日本豪雨から約1カ月後、支援から孤立する被災者に出会い、被災家屋で活動するボランティア=広島市東区で2018年8月4日、高尾具成撮影

 1995年1月の阪神大震災以後、自然災害の被災地で支援活動にあたる災害ボランティアの姿は当たり前になった。だが、「ボランティア元年」と言われてから四半世紀。近年、各地で災害が多発するなか、被災地へと駆けつけるボランティアは数を減らしている。東日本大震災から9年を機に改めて考えてみたい。

 阪神大震災では震災後約1年間で延べ約138万人(兵庫県調べ)のボランティアが被災地に集まった。うち約7割は初心者だった。一方、東日本大震災(2011年3月)では震災後の約1年間に岩手、宮城、福島の被災3県で延べ102万人余り(全国社会福祉協議会調べ)。社会福祉協議会(社協)により開設された「災害ボランティアセンター」(ボラセン)で受け付けた数だ。3県以外で活動をした人やボラセンを介さずに個々で支援をした人もいるだろう。だが、ボランティア数は圧倒的に不足していた。

 熊本地震(16年4月)、西日本豪雨(18年7月)、昨年10月の台風19号による東日本台風なども取材をしてきたが、ボランティア数の伸び悩んだ状態は続いている。

この記事は有料記事です。

残り1610文字(全文2067文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです