メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

学校封鎖の精神的影響=パロアルトインサイトCEO・石角友愛

 新型コロナウイルスがパンデミック(世界的大流行)と正式に世界保健機関(WHO)が発表したあたりから私が住むアメリカでも状況が急変している。カリフォルニア州ではニューサム知事が19日に外出禁止令を出し、州に住む4000万人を対象に必需品や薬品を購入する以外の外出は基本的に許されなくなった。米連邦政府はニューヨーク州に対して「大規模災害宣言」を出し、ニューヨーク市には米陸軍工兵隊の人材が投入され、既存のホテルや大学寮、スポーツアリーナなどを一時的な病院に改造することになった。

 学校も地域によって異なるが、4月末~5月中旬まで休校となるケースが増えている。カリフォルニア州やカンザス州では、このまま学校が修了する6月まで休校予定という報道もある。私の住む地域も休校になり、街は今まで見たことのないような閑散としたものになった。オンライン教材を使って学習できるシステムが導入されたが、学校封鎖や街の封鎖が子供を社会から孤立させることで及ぼす精神的な影響を考えている。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです