メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

朝乃山英樹さん=大相撲で大関昇進、新時代の角界背負う大器

 日本相撲協会の使者から昇進を伝えられ、憧れだった大関の座に正式に就いた。初土俵から4年でのスピード出世。「看板力士ですし、協会を汚したくないという思いがある。目標とされる大関になりたい」と決意を新たにした。

 富山市で3人兄弟の次男として生まれ、小学4年で相撲を始めた。富山商高では浦山英樹さん(2017年死去)、近畿大では伊東勝人(かつひと)さん(1月死去)という2人の名監督に導かれた。しこ名の「英樹」は、浦山さんにちなんだものだ。

 屈託ない笑顔が魅力の優しくて強い「お相撲さん」。春場所前は、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中「みなさんも気を付けてください」と、報道陣も気遣った。正直に弱音も吐く。初優勝を果たした19年夏場所の終盤だった。「場所に行きたくない」。重圧に押しつぶされそうな心境を吐露した。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです