メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

愛犬の食事、手作りで一緒に

手作りの食事は愛犬の食欲を増す効果もある=小学館「PETomorrow」提供

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 「獣医師と管理栄養士が考えた愛犬のための手づくり健康ごはん100」(小学館)が好評だ。飼い主も一緒に食べられるピラフやパスタなど、彩りも豊かで「ごはん」と呼ぶにふさわしい。愛犬の食事を手作りするコツを尋ねた。

 ●軟らか かむサイズ

 考え出したのは、福岡市のパーク動物医療センター副院長の獣医師、古江加奈子さん(38)と管理栄養士の高月佑果(ゆうか)さん(46)。古江さんは外来で、愛犬の食欲不振を心配した飼い主から「何か作って食べさせたい」と相談されたことがあった。そのため、福岡市内で料理教室を主宰する高月さんと一緒に、軟らかく消化に良い離乳食や幼児食を念頭にレシピを開発した。

 気をつけるのは「軟らかさ」だという。食材が大きすぎてはかめないし、丸のみしてのどにつまらせないよう注意したい。「ちょっとかまなくてはならないような大きさに刻むのがコツ」(高月さん)だが、飼い犬に合わせて柔軟に対応しよう。また、最近では水分が不足気味の犬が多く、シニアになると歯だけではなくのみ込む力も弱いため、スープやとろみをつけたものも良いようだ。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです