メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼育ノート

よこはま動物園ズーラシア エランドの赤ちゃん2頭誕生

鹿に似ているが、実は牛の仲間のエランド=よこはま動物園ズーラシア提供

 エランドはアフリカ東部から南部の、主にサバンナや疎林などで大きな群れを作り、アカシアなどの枝葉や草を食べて暮らしています。根元付近がねじれた長い角が特徴的で、鹿の仲間とよく間違われますが、牛の仲間です。そのため雄だけでなく雌も角があり、その角は落ちずに伸び続けます。首元から垂れた皮膚が特徴的で、体の大きな雄の方が大きくて立派です。

 よこはま動物園ズーラシアでは、昨年12月13日にシューズが雄の赤ちゃんを、今年1月26日にカルーアが雌の赤ちゃんを産みました。愛称は雄が「タビー」で雌が「ミル」。2頭は生後1カ月ほどで角が生え始め、母乳だけでなく草や葉もしっかり食べて、すくすくと成長しています。晴れて暖かい日には寝室とつながったサブ運動場を開放し、両親子が一緒に過ごしています。好奇心旺盛で活発なタビーは、周りのものやミルによく近…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです