メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

志の輔さんに鍛えられ=鴨志田公男

 人の気持ちって、こうやってつかむんだ。多くの参加者がそう思ったことだろう。

 今年2月、東京大物性研究所(千葉県柏市)の講義室に学内外から約100人の研究者や広報担当者が集まった。

 演壇に立つ物質・材料研究機構(NIMS)の小林隆司広報室長(51)がスプーンを取り出し、聴衆に回すよう頼んだ。スプーンは次々に人の手を渡っていく。だが、小林さんが「ユリ・ゲラーが曲げられなかったスプーンです」と声をかけると、聴衆がスプーンに見入るようになり、移動速度ががくんと落ちた。

 小林さんはNHKの元ディレクターで、9年前に転身した。科学広報の革新者だ。

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです