メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪延期 代表、マラソン再選考せず 陸連・瀬古氏が方針

 東京オリンピック延期を受けた代表選考で、日本陸上競技連盟の瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは決定済みの男女マラソン代表計6人について、「決定は陸連の理事会に諮るが、権利を守ることを提案したい。MGC(東京五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ)で自信をもって選んだ6人」と再選考しない方針を示した。日本陸連は男女計6人が代表決定済みの競歩も再選考しない方針。

 マラソンは男子が中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)、大迫傑(ナイキ)、女子が前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)、一山麻緒(ワコール)の6人で決定。昨年9月のMGCで1位の中村は「MGCというプロセスを経て勝ち取った代表内定であり、ぜひ維持していただきたい」と切望した。競歩も男子50キロの鈴木雄介(富士通)、同20キロの山西利和(愛知製鋼)の両世界選手権王者を含めた男女計…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです