メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

規制委委員長虚偽説明 命令文案に指示、事細か

原子力規制委員会の事前会議で配布された関西電力への命令文の原案

 原子力規制委員会による非公開の事前会議で、毎日新聞が入手した音声記録には更田(ふけた)豊志委員長が「見た記憶がない」と説明してきた関西電力への命令文の原案に事細かに指示する様子が収められていた。【日野行介、田中龍士】

非公開会議、関電に警戒も

 事前会議では、市民団体などから運転停止を求める声が出る恐れがある文書指導案を退けた後、「打合せ後廃棄」と印字された関電への命令文の原案を基に議論が続いた。

 原子力規制庁の安井正也長官(当時)は「1個だけとても大事なことがあって」と切り出し、「岩根さん(岩根茂樹関電社長=当時)への紙さ。(降灰分布状況について)我々と関電の間に理解の差はないの?」と事務方に尋ねた。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  4. 東山紀之さん、主演公演初日延期 テレ朝生放送も欠席 公演出演者らがコロナ感染

  5. 排せつ、セックスも赤裸々に… 半身不随になった「もののけ姫」の「2度目の人生」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです