メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神岡じん肺訴訟 2社に賠償命令 岐阜地裁

 岐阜県飛驒市の旧神岡鉱山の元従業員で、じん肺を発症した8人が神岡鉱業(飛驒市)と親会社の三井金属鉱業(東京都)に、慰謝料など計約2億6000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、岐阜地裁であった。池町知佐子裁判長は「安全配慮義務を尽くしていなかった」として、元従業員8人へ計9075万円を支払うよう両社に命じた。

 原告側は1人あたり一律3000万円の慰謝料を求めたが、池町裁判長は「原告にそれぞれ認められる健康被害に従った類型的な慰謝料額を算定する」として、1人当たりの賠償額を550万~2475万円と認定した。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです