メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ

神岡じん肺訴訟 2社に賠償命令 岐阜地裁

 岐阜県飛驒市の旧神岡鉱山の元従業員で、じん肺を発症した8人が神岡鉱業(飛驒市)と親会社の三井金属鉱業(東京都)に、慰謝料など計約2億6000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、岐阜地裁であった。池町知佐子裁判長は「安全配慮義務を尽くしていなかった」として、元従業員8人へ計9075万円を支払うよう両社に命じた。

 原告側は1人あたり一律3000万円の慰謝料を求めたが、池町裁判長は「原告にそれぞれ認められる健康被害に従った類型的な慰謝料額を算定する」として、1人当たりの賠償額を550万~2475万円と認定した。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです