メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮沢氷魚

初共演・宮沢りえと名字同じで「少し運命も感じています」 舞台「アンナ・カレーニナ」ビジュアル発表(MANTAN WEB)

舞台「アンナ・カレーニナ」に出演する宮沢氷魚さん

[PR]

 モデルで俳優の宮沢氷魚さんが、女優の宮沢りえさんと共演する舞台「アンナ・カレーニナ」で演じるコンスタンチン・リョーヴィンのビジュアルが3月26日、公開された。宮沢氷魚さんのコメントも発表され、「出演のお話を聞いた時はとてもうれしく、感激しました。数々の名作を上演してきたシアターコクーンに立てることを光栄に思っております」と喜びを語ると、初共演の宮沢りえさんについて「雲の上のような存在の女優さんで、ご一緒できることがとても楽しみです。名字が同じなので勝手ながら少し運命も感じています(笑い)」とコメントした。

 舞台「アンナ・カレーニナ」は、近代ロシア文学の巨匠・トルストイの「芸術上の完璧であって、現代、ヨーロッパの文学中、なに一つこれに比肩することのできないような作品」とも言われる同名長編小説が原作。これまで、世界中で数々舞台化されてきたが、今回の公演では、英国の気鋭演出家・フィリップ・ブリーンさんが新解釈で演出する。これまでは、アンナ(宮沢りえさん)と夫・カレーニン、アンナと恋に落ちるヴロンスキー伯爵の三角関係を中心に描かれることが多かった同作だが、今回のフィリップ版では、破滅に向かうアンナの「愛」と、未来への希望を感じさせるリョーヴィン(宮沢氷魚さん)の「純愛」とを対照的に描くという。

 舞台には白洲迅さん、川島海荷さん、大空ゆうひさん、吹越満さん、段田安則さんらも出演。8月7日~9月3日にBunkamuraシアターコクーン(東京都渋谷区)、9月10日~13日に京都劇場(京都府京都市)で上演される。

宮沢氷魚さんのコメント全文

 出演のお話を聞いた時はとてもうれしく、感激しました。数々の名作を上演してきたシアターコクーンに立てることを光栄に思っております。宮沢りえさんと共演させていただくのは今回が初めてなのですが、雲の上のような存在の女優さんで、ご一緒できることがとても楽しみです。名字が同じなので勝手ながら少し運命も感じています(笑い)。

 僕が演じるリョーヴィンはとても素朴で心優しい人間で、アンナとは対照的な立ち位置にいるので、その対比を楽しみつつしっかりと表現していきたいと思います。今作で舞台が5作目になりますが、毎回役者として自分が試されているなと感じます。舞台上では逃げ場がない。その中で一人の人生を生き抜く。その責任感を背に今回もたくさん悩み、試練が待ち受けていると思いますが、全力で駆け抜けて行きたいです。初めて立つコクーンの舞台。ぜひ見に来てください。

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです