メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コタキ兄弟と四苦八苦

最終回「十二、愛別離苦」 “さっちゃん”芳根京子、喫茶シャバダバを辞めることに(MANTAN WEB)

ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」の最終回のワンシーン(C)「コタキ兄弟と四苦八苦」製作委員会

[PR]

 俳優の古舘寛治さん、滝藤賢一さんダブル主演のドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」(テレビ東京系、金曜深夜0時12分)の最終回「十二、愛別離苦」が、3月27日深夜に放送される。

 母の旅館を手伝うため、さっちゃん(芳根京子さん)が喫茶シャバダバを辞めることになった。突然の妹との別れに動揺を隠せないコタキ兄弟。肩を落とす一路(古舘さん)を尻目に二路(滝藤さん)が提案したのは“古滝家1泊2日ツアー”。

 驚きの提案に慌てる一路だが、さっちゃんは快諾。一つ屋根の下、兄妹で過ごす最初で最後の一日。兄弟はさっちゃんに真実を告げるのか……。

 ドラマは、脚本家の野木亜紀子さんが手掛けるテレビ東京オリジナルドラマ。真面目すぎてうまく生きられない兄・古滝一路と、そんな兄を見て育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟・古滝二路が主人公。そんな無職の残念な兄弟がひょんなことから「レンタルおやじ」を始めることに。

 依頼内容は、定年退職した夫の様子がおかしい、友達が孤独死しているのではないか、など、ひとクセある案件ばかり。生きるのが下手な兄弟が、「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちと関わり、さまざまなむちゃぶりに四苦八苦しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディー。

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです