メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共産、立憲に「独自政策棚上げ」を説明 「野党連合政権」地ならし

共産党の小池晃書記局長=国会内で2019年6月10日午後4時36分、川田雅浩撮影

 共産党の小池晃書記局長は26日、同党が提唱する「野党連合政権」構想を巡り、立憲民主党の福山哲郎幹事長と会談した。連合政権では、日米安全保障条約の破棄など共産党の独自政策を棚上げすると伝達。「現実路線」を伝え、次期衆院選での共闘態勢を強化する狙いだ。国民民主党、社民党の幹部とも順次会談する。

 共産党は昨年8月から立憲、国民などと党首会談を重ね、連合政権が実現すれば、格差是正や多様性の尊重などを目指す方針を確認している。ただ、各党からは共産…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです