メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、「基本的対処方針」策定を指示 コロナの政府対策本部設置、初会合

首相官邸で開かれた新型コロナウイルスの感染拡大を受けた改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部の会合。右列中央は発言する安倍晋三首相=首相官邸で2020年3月26日午後5時55分、川田雅浩撮影

 政府は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部(本部長・安倍晋三首相)を設置し、初会合を首相官邸で開いた。首相は、感染拡大防止に向けた基本的対処方針を策定するよう指示した。首相が私権制限につながる緊急事態宣言を発令できるようになるが、現時点では慎重な姿勢だ。

 首相は会合で「国難とも言うべき事態を乗り越えるため、国や地方公共団体、国民が一丸となって対策をさらに進めていくことが必要だ」と述べた。政府対策本部の設置を受けて、都道府県も改正特措法に基づき対策本部を設置する。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです