メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、「基本的対処方針」策定を指示 コロナの政府対策本部設置、初会合

首相官邸で開かれた新型コロナウイルスの感染拡大を受けた改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部の会合。右列中央は発言する安倍晋三首相=首相官邸で2020年3月26日午後5時55分、川田雅浩撮影

 政府は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部(本部長・安倍晋三首相)を設置し、初会合を首相官邸で開いた。首相は、感染拡大防止に向けた基本的対処方針を策定するよう指示した。首相が私権制限につながる緊急事態宣言を発令できるようになるが、現時点では慎重な姿勢だ。

 首相は会合で「国難とも言うべき事態を乗り越えるため、国や地方公共団体、国民が一丸となって対策をさらに進めていくことが必要だ」と述べた。政府対策本部の設置を受けて、都道府県も改正特措法に基づき対策本部を設置する。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです