メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京円、110円台半ば 新型コロナ終息見通せず不安定な値動き

[PR]

 26日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台半ばで取引された。

 午後5時現在は前日比99銭円高・ドル安の1ドル=110円47~49銭。ユーロは22銭円安・ユーロ高の1ユーロ=120円68~72銭。

 午前は年度末を控えた国内企業による円に対する需要の高まりから、円を買う動きが優勢となった。その後は米議会上院で大型経済対策法案が可決されたことを受け、ドル買いも入った。

 外為ブローカーは「新型コロナウイルス感染症の終息が見通せず、不安定な値動きが続きそうだ」と話した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです