メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

円急伸、一時109円台 米追加緩和観測でドル売り

[PR]

 26日のニューヨーク外国為替市場の円相場は急伸し、一時、1ドル=109円台後半をつけた。米国が追加金融緩和に踏み切るのではないかとの観測が広がって、ドルを売って円を買う動きが活発化した。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長がNBCテレビで「さらなる行動への政策余地がある」と発言。新型コロナウイルスの影響で景気後退局面に入っている可能性を示唆し、市場の警戒感が強まった。

 午前8時半現在は前日比1円60銭円高・ドル安の1ドル=109円56~66銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1.0947~57ドル、120円02~12銭。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです