メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かんぽ生命の不正販売、郵便局員百数十人を保険営業の資格剝奪へ

かんぽ生命保険の不正販売問題で、追加報告書の内容を発表する特別調査委員会の伊藤鉄男委員長=東京都千代田区で2020年3月26日午後4時49分、宮崎稔樹撮影

[PR]

 かんぽ生命保険の不正販売問題で、同社は26日、保険業法に反して顧客に虚偽の説明をするなどした営業担当の郵便局員百数十人について、保険の募集人資格を取り消す「廃業」処分にする方針を固めた。近く発表する。

 かんぽ生命は、契約乗り換えの際に顧客に不利益を与えた疑いのある18・3万件の「特定事案」と、過去5年間で15回以上保険の新規契約と消滅を繰り返した「多数契約」などの調査を進めており、大半は今月末までに終える見込み。並行して、不正に関与した営業担当者らに聞き取り調査を行ってきた。

 その結果、虚偽説明など保険業法に違反した郵便局員が約200人おり、このうち違反行為を自ら申告しなかったり調査に非協力的だったりした百数十人に対し、処分のうち最も重い資格取り消しとする方針を固めた。同社はこれまで、不正を認めた郵便局員のみ処分を行ってきたが、「対応が甘すぎる」との批判を受け、本人が認めなくても顧客の訴えや状況証拠をもとに処分できるよう方針を見直した。

 違反行為を自ら申告するなどした郵便局員は、処分を軽減して資格の一時停止などとする方向だ。このほか、社内ルールに違反した約1500人の職員に対しても処分を行う。

 募集人資格は保険業法に定められ、生命保険協会が付与する。かんぽ生命が廃業を生命保険協会に届け出ると、他社でも一定期間、保険の営業ができなくなる。【加藤明子、高橋祐貴】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです