メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾 海外帰りの市民を「徹底隔離」 その内情は…GPSで監視、守らなければ360万円罰金も

検疫のため長い行列ができた台湾の空港内=陳資文さん提供

 新型コロナウイルスへの対策として、台湾当局が海外から戻った人に徹底した隔離策を講じている。携帯電話の位置情報機能を使って出歩いていないかウオッチし、14日間の自宅隔離を守らなかった人には、最高で100万台湾ドル(約360万円)の罰金を科している。オーストラリアから19日に南部・台南市に帰省した陳資文さん(41)が、夜間でも急に連絡を求められるなどの厳しい「監視の目」について電話取材に語ってくれた。

 台湾は外国人の入境と台湾からの海外渡航を既に禁止したため、海外から戻る人からの感染拡大阻止に力を入れる。感染者は3月14日に53人だったが、その後急増して、25日午後11時現在で235人(死者2人)。急増分の大半は、欧州や米国などから戻った人だ。

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1239文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです