メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナの死者、世界で2万人超え 5日で倍増 米でも感染急増 米大学集計

病院の前で距離をとりながら順番を待つ人たち=米ニューヨークで2020年3月25日、ロイター

 米ジョンズ・ホプキンズ大の25日の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が世界全体で2万人を超えた。20日に1万人を上回ったばかりで、わずか5日で倍増。感染者も45万人以上となった。欧州に続き、米国でも感染者が急増しており、拡大局面が続く中、新たな展開を見せている。

 死者が最も多いのはイタリアの7503人で、3647人のスペインが続く。両国は、3月中旬以降はほぼ横ばいで推移してきた中国の死者数を上回っている。

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は25日の記者会見で、死者は今後も確実に増えると予測し「どれだけ(死者数が)上積みされてしまうかは、われわれの行動にかかっている」と警戒を促した。外出制限などを導入している国に対し、治療態勢の充実や、感染者や疑い例の把握など、一層積極的な方策を取るように求めた。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです