メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北マケドニアとアルバニア、加盟交渉開始承認へ EU首脳会議、求心力強化なるか

欧州連合(EU)本部の前ではためくEU旗=2019年10月、AP

 欧州連合(EU)は26日、ビデオ会議の形式で首脳会議を開き、バルカン半島に位置する北マケドニア(旧マケドニア)、アルバニア両国と加盟交渉を始めることを承認する。英国の離脱に揺れるEUは、中露が存在感を増す東方での求心力強化を図る。

 加盟国は24日のEU閣僚会合で両国との交渉開始に合意していた。フォンデアライエン欧州委員長は「この決定はEUの戦略地政学的な利益にかなうものだ」と歓迎の声明を発表した。

 国名をめぐって長年ギリシャと対立していた北マケドニアは2019年に国名を変更して加盟交渉に道を開いた。しかし英国の離脱を受けてEUの内部改革を優先すべきだと主張するフランスなどが慎重な姿勢を崩さず、交渉入りは棚上げされてきた。欧州委員会が、EUが重視する「法の支配」などを巡る評価で交渉プロセスを厳格化する方針を示し、反対していた加盟国も態度を軟化させた。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです